最新情報
水のおはなし
合併処理浄化槽キッズむけページへ次>合併処理浄化槽と単独処理浄化槽の比較

生活雑排水まできれいにしてしまう合併処理浄化槽
家庭用の小型浄化槽には、し尿(水洗トイレの汚水)だけを単独で処理する単独処理浄化槽と、し尿生活雑排水の両方を合わせて処理する合併処理浄化槽とがあります。
この合併処理浄化槽の性能はBOD除去率が90%以上、処理水質は下水道の終末処理施設と同等(BOD20mg/l以下)で高性能です。し尿と生活雑排水を合わせた生活排水の汚れは、1日1人あたりBOD量にして40gです。除去率90%以上ですから処理水のBODは4g以下と10分の1になります。単独処理浄化槽の場合は、し尿のBOD13gが65%除去されて5gになりますが、雑排水のBOD27gはそのまま処理されず、合計32gのBODを放流してしまいます。汲取り式のトイレでは、し尿はバキュームカーで処理場へ運ばれるので、放流される汚れは雑排水の27gだけとなります。
 
1人1日あたりの汚れの量
=1g   
処理しない
場合

台所、風呂洗濯など27g                  し尿13g
40g
くみ取り式
台所、風呂、洗濯など27g
27g
単独処理
浄化槽

台所、風呂、洗濯など27g               単独処理浄化槽の処理水5g
32g
合併処理
浄化槽
4g
 

出典:浄化槽の日実行委員会「使った水をキレイにして自然へ返そう」合併処理浄化槽の話
著作者:(社)全国浄化槽団体連合会
無断転載、無断転用:許可なく当サイトの提供する素材及びテキストの転載、転用を禁止します。
再配布:許可なく当サイトの提供する素材を第3者に配布することをを禁止します。


Copyright(c)2003,"Kumamoto environmental maintenance cooperative association". All right reserved.